お城南通りってどんな所?

桜情報

sakura1お城南通りは小田原城の南側で、箱根駅伝の第五区中継所の周辺で、国道1号線の両側に位置しています。 小田原は北条時代から交通の要所として、発展してきました。城下町として、武家屋敷の中に商店や 職人のすむ町並みとして整備されました。 国道1号線の北側の小田原城は歩いて5分くらいです。 梅の季節には小田原城周辺の梅も見応えがあります。小田原城周辺は桜の名所でもあります。 国道1号線の南側には、桜の季節には観光客も増え、名所になって来た西海子通りの  桜並木があります。 5月3日には北条五代祭りが行われます。大名行列とともに神社御輿のパレードも見応えがあります。 お堀の周りの藤棚は5月頃です。藤の古木が華やかに藤の花を咲かせます。その後は小田原城の下の 菖蒲の花畑が見頃になります。また夏に咲くお堀の蓮の花もきれいです。 小田原の花の歳時記も掲載する予定です。

 西海子通りの桜情報です 昨年の 桜1西海子桜1            桜4月2日桜B     4月2日桜A
          27年の桜情報

小田原文学館

bungakukanお城南通商店会からすぐ近くにある小田原文学館は、幕末の志士で、元宮内大臣でもある田中光顕伯爵が別邸として建てたものです。  昭和12年建築の洋館は、当時の上流階級の間で流行した南欧風の造りで、屋根瓦はスペインから輸入したものです。

 庭はいわゆる洋風庭園ですが、要所要所には松を、周囲には桜や楓を植えるなど和洋折衷の様相を呈し、四季折々の美しさを堪能できます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

小田原駅

dthfgj古くから城下町、東海道の宿場町として栄えた小田原市の中心駅です。神奈川県西部のターミナル駅であり、箱根観光の拠点ともなっています。JR東日本の東海道本線、JR東海の東海道新幹線、小田急電鉄の小田原線、箱根登山鉄道の鉄道線、そして伊豆箱根鉄道の大雄山線が乗り入れています。

お城南通商店会近隣は昔から交通の要所となっており、明治29年に人間が客車を押すという珍しい鉄道「豆相(ずそう)人車鉄道」の小田原駅がありました(その場所に碑が建てられています)。ぜひ、歴史の残る南通商店会へお越しください。

上へ