豆相人車鉄道について

人車鉄道の歴史

  人車鉄道は明治29年に小田原から熱海までレールの上を人間が押して走る珍しい鉄道として開業しました。その後軽便鉄道になり、人力でなくなりましたが大正12年の関東大震災まで、軽便鉄道として運転されました。丹那トンネルの開通で東海道線が熱海まで通るようになるまで、温泉地への足として利用されました。

人車軽便鉄道の小田原駅は、お城南通り商店会の中にある早川口歩道橋際の早野歯科医院のところにありました。歩道橋の脇に記念碑がたっています
往時は料亭や待合どころ・商店も立ち並んでおり、湯河原、伊豆山、熱海などへ行く湯治客等で賑わっていました。
湯本方面へも国府津・湯本間に電車が通り、中継地点としても賑わっていました。

箱根口と早川口の間の諸白小路のバス停の先、信号のところに十字町ヒスとリアをオープンしました。
明治大正・昭和に十字町界隈に居住した著名人の足跡を記録した展示とともに、人者鉄道、軽便鉄道、国府津湯本馬車鉄道、市内電車等の資料、写真を展示しています。


片野屋呉服店の店内に資料ジオラマ(現在は十字町ヒストリアに展示中)が展示されています。ぜひご覧ください。

 

 


人車鉄道の運行状態

人車鉄道の運行状態
(坂道で乗客も押している)

小暮次郎氏画 
軽便鉄道小田原駅
小暮次郎氏画 
軽便鉄道小田原駅
   
keiben4     keiben5
   沼田氏制作 軽便鉄道ジオラマ      片野屋呉服店に展示中(是非ご覧下さい)

 

沼田尚氏制作ジオラマのページ  

文学作品に現れた、軽便鉄道が出てくる関連記述(抜粋)

上へ