小田原文学館

bungakukanお城南通商店会からすぐ近くにある小田原文学館は、幕末の志士で、元宮内大臣でもある田中光顕伯爵が別邸として建てたものです。  昭和12年建築の洋館は、当時の上流階級の間で流行した南欧風の造りで、屋根瓦はスペインから輸入したものです。

 庭はいわゆる洋風庭園ですが、要所要所には松を、周囲には桜や楓を植えるなど和洋折衷の様相を呈し、四季折々の美しさを堪能できます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

上へ