第2弾 人車・軽便鉄道・馬車鉄道・電気鉄道・市内電車の記憶

十字町を中心とした鉄道の歴史

        チラシはこちら

 

小田原の鉄道史

 明治20年5月        新橋-国府津間に鉄道開通
 明治21年10月 国府津-箱根湯本間に馬車鉄道開通
    明治22年7月        東海道線(御殿場線)開業
 明治29年3月     小田原-熱海間 豆相人者鉄道開業
 明治33年3月     国府津-箱根湯本間電化    小田原電気鉄道に改称、
 明治41年8月       小田原-熱海間蒸気機関車による軽便鉄道  熱海鉄道に改称
   大正    8年6月        箱根湯本ー強羅間に登山鉄道開業
   大正    9年10月    国府津ー小田原間 小田原電気鉄道廃業
   大正10年10月    強羅ー早雲山ケーブルカー開業
   大正11年12月    熱海線 小田原ー真鶴間開業  小田原ー真鶴間軽便鉄道の廃業
   大正12年    9月    関東大震災被害を被るも間もなく復旧 
   大正13年                地震被害のため軽便鉄道廃業
   昭和25年  8月      小田急電鉄 東海道本線に乗り入れ
   昭和31年   6日      市内電車 板橋-小田原間廃止
   昭和32年   6月      駿豆鉄道  伊豆箱根鉄道に改称
   昭和37年   4月      新幹線 鴨宮モデル線区設置
   昭和39年10月      新幹線  東京-大阪間開業
   昭和62年    4月      国鉄民営化  JR東日本、JR東海に分割
   平成18年    9月      小田原ー入生田間3線軌条廃止

 

 

 

 

 

上へ