催事情報

十字町ヒストリアトピック記事Events

小田原に帝国ホテルを設計したライトが設計したホテルがあった
 昭和3年ころ、小田原市城山の通称百段坂の右側に、ライトが設    
 計した小田原ホテルが設計したホテルが建築され、開業されない
 まま昭和13年に焼失したそうです。
  詳しくは電子ブックKindle版
 「幻の帝国ホテル・小田原ホテルの謎」わたべゆきお氏 をご覧
  ください。
 また、周辺は別荘地として開発され、箱根湯本の温泉を閑院宮、
 古稀庵を経由して引く計画があったが、実現していない。
 閑院宮邸へは風祭の傷病院(現在の箱根病院)経由で引かれいた
 そうです。蓮船寺下のコンクリート製のマスで温泉を沸かし直
 し、閑院宮邸へ供給していたそうです。近所へ冷めているが温泉
 を分けてあげるという話があったそうですが、丁重にお断りした
 という話も聞きました。
小田原に日本で最初の有料道路があった。
 
明治8年に小田原の板橋から湯本まで道幅を5mに拡張し、人が
 1銭、大八車で8厘、小車で3厘の通行料金を取った。
 これにより人力車が通行できるようになった。
 その後、福沢諭吉の提言で箱根まで人力車が通れる道を作った、
 主になって動いたのは、二宮尊徳の弟子の福住正兄だった。
 「日本で最初の有料道路」の碑が山崎の道路わきに立っている。
  

DSC_0111A  DSC_0113A 
 山崎より入生田方面へ   赤丸印の場所

 箱根町がたてた道路の碑

開催内容
十字町ヒストリア最新情報   トピック情報
小田原用水(早川上水)・山縣水源地(山縣水道)
防災・減災講演会のお知らせ 「災害をかわす4つのステップ!」
「小田原地震の話」 温泉地学研究所 本多研究員
「小田原が受けた災害被害」を展示中
小田原が受けた災害記憶 4月中旬よりヒストリアで
地球市民フェスタ マロニエ 2月28日
第2弾 人車・軽便鉄道・馬車鉄道・電気鉄道・市内電車の記憶
南町シールサービス会歳末謝恩セール
上へ