商店会からのお知らせ

お城通りの歴史

豆相人車鉄道について

文学者達の足跡

十字町ヒストリア

南町シールサービス会

小田原イベント情報

お城南通り商店会は、文字通り小田原城の南側にある国道1号線沿いの商店街で、正月の箱根駅伝の往路の小田原中継所がある場所としても知られています。この地域は昔からの交通の要所で、明治29年に人間が電車を押すという珍しい鉄道「豆相(ずそう)人者鉄道」の小田原駅がありました。(その場所に碑が建てられています。)小田原から熱海までの鉄道で、明治41年に軽便鉄道に転身し、大正12年まで走っていました。現在この通りは、電線の地中化が早く行われ、歩道も歩きやすく整備されており、古くから続く商店や、生活の便利なお店が並んでいて、地元の方はもとより観光客も多い商店街となっています。裏通りは武家屋敷が並んでいた場所で近年は桜並木で有名になった西海子(さいかち)通りが有り、明治以降小田原に住んだ文学者や政財界人の足跡を残す小田原文学館もあり散策にも良いところです。また当商店街の小売店が参加している南町シールサービス会は、毎年年末に歳末感謝セールや中元売出し等も行っていますので、ぜひ皆様お越し下さい。

上へ